看護

【看護師】男性看護師の割合が多い職場6選!働きやすさを求めて幸せを掴みましょう

今回の記事では、男性看護師の割合が多い職場についてお話ししていきます。

近年になり、男性看護師が増えてきたと言われており、私としても嬉しいことです

ですが、そうは言ってもまだまだ女性が多い職業です。

肩身が狭い思いをしている男性看護師も多いのでは?

厚生労働省による「H30年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」では、男性看護師の割合が7.8%となっています。残り92.2%が女性なので圧倒的に少ないです。

そんな中でも「男性が多い職場で働きたい!」と思う人が多いと思います。

私もそう思っていました。今働いている部署では、4名もの男性看護師が活躍しており、やはりとても働きやすい環境だと感じています。

男性ならではの悩み事だったり、相談事もしやすく、男性同士で共感できる環境はとても助かるのです。精神的にもかなり楽です。

そこで、男性の割合が多い職場について紹介していきます。

・男性の割合が多い職場を探している方

・男性と一緒に働きたい方

参考にしてください。

男性看護師の割合が多い職場6選

早速、男性看護師が多い職場についてみていきましょう。

男性の強みとしては

・体力がある

・女性よりも力がある

・ライフイベントに影響されにくい

これらが挙げられます。

とにかく体力があるので、多少の辛い業務は乗り越えていけますし、寝たきりの患者の体交は男性が大活躍

車椅子への移乗も一人でできちゃうので、マンパワー不足を解消することができますね。

実は、「男性看護師」という魅力を活かして、活躍できる場所はたくさんあります。

・精神科

・手術室

・脳外科

・整形外科

・救急外来

・回復期リハビリテーション科

これら6つの病棟には男性ナースが多いです。

それぞれ少し細かくみていきましょう。

精神科

精神科では、特に不穏患者対応の場面で男性看護師が重宝されます。

リミッターが外れた患者は、スタッフに対して暴力を振るうリスクも十分に考えられます。そんな時、男性であれば患者を傷つけることなく対応することができるので、活躍できますね。

また、コミュニケーションにおいて、役割形成においても効果を発揮します。例えば、患者の彼氏、父親の役割を担うなど男性ならではの活躍ができます。

こういった点から、多くの病院の精神科では男性スタッフ多いです。私がいた大学病院では、5人もの男性看護師が精神科で働いていました。

手術室

オペ室はとにかく体力ですね。

膵臓のオペとかになると、10時間とかかかったりするので、その間立ちっぱなしということも考えられると、男性の「体力」が大活躍です。

オペ室だけでも、10人程の男性看護師がいる病院もあり、高い確率で男性看護師がいます。「手術」に憧れる男性も多く、オペ室を希望する同期もたくさんいました。

別件ですが、循環器ではカテ室に入ることがあり、AFのアブレーションとかになると6時間はかかります。そういった意味では循環器でも男性ナースは多いです。

脳外科

半身麻痺の患者、体の自由が効かない患者の早期離床の場面では男性の力が必要になってきます。

中には、男性2人でやっと起き上がることができる患者もいらっしゃるので、相当大変です。体重も100kgを超す患者もいたりと、女性だけでは到底厳しい場合でも、男性であればマンパワー不足を解消することができます

トイレ介助も全介助で行い、「トイレで排便したい」という患者のニーズにも答えることができるので、病棟としては男性スタッフを必要としていることが多いのです。

整形外科

整形外科は男性スタッフが多いイメージが強いのではないでしょうか?

骨折後の患者は下肢に荷重をかけてはいけない期間があり、片足を持ち上げた状態で車椅子へ移乗する場面も多々あります。

体重がある方に至っては、リハスタッフと一緒に介助してやっとの思いで離床できる時もあります。女性スタッフにも頼られることがほとんどです

入浴介助などのADL介助の場面において男性スタッフが必要不可欠です。

救急外来

1日に何台も救急車が来て、バタバタとしている救急外来では「体力」が求められます。

軽傷から重症まで様々な患者が来院し、トリアージしていく中では、休憩に入れないこともしばしば。私の同期は倒れている看護師もいました。

男性は基礎体力がある分、そんな状況でも乗り越えれる可能性は高く、男性スタッフも多いです

回復期リハビリテーション科

急性期を経て、自宅に帰るため、施設に戻るためのリハビリを必要としている患者が数多くいらっしゃいます。

そのため、ADLの介助はもちろんのこと、起き上がりや移乗の介助が多いです。夜勤でもトイレに行く回数も多く、その度に移乗介助をするので力や体力が必要です。

処置はそれほど多くありませんが、とにかく力を使う。そんな病棟なので男性ナースが重宝されますね。

今の病院に来る前に一度見学しましたが、男性スタッフが5人程いらっしゃいました。割とゆっくり学べる病棟なので、最初に就職してゆっくり学ぶのもありかなと思います。

男性看護師の割合が多い病院の探し方

では、実際にどうやって男性看護師が多い病院を探せばいいのか?

直接病院に連絡する?知り合いに助けてもらう?

どちらも難しいでしょう

正解は、転職会社を利用して探すことです。病院のホームページを見ても、更新されていないことも多く、正確に状況を把握することは困難です。

更に、現状働いている中で、転職活動に時間をかけることも難しい。ということになって来ると、その道のプロにお願いするのが一番です。

ここまでで、ハローワークをイメージされた方いますか?

それは絶対NGです。

なぜって?

ハローワークは「マイナビ看護師」のような王手の転職会社と比較すると、紹介できる病院の数が圧倒的に少ない。そのため、自分が求める希望条件に沿った病院にたどり着くことは不可能なのです。

そのため、必ず看護師の転職会社を使うようにしましょう

これらは実際に使ってみて、扱っている病院が自分の理想に近いものばかりだったので、オススメできます。気になっている方は、オススメ転職会社の記事でも紹介していますのでご覧ください。

看護師転職の全てはこの記事で解決。現役がオススメ紹介します。今回の記事では、看護師転職についてお話ししていきます。 先ず、毎日ご多忙の中、頑張って働いている看護師の皆様、お疲れ様です。 ...

ただし、利用するだけでは上手くいかない場合があるので、男性看護師のいる病院に行けるようにちょっとした技を紹介します。

✅男性看護師が多い職場に行きたいとはっきり伝える

✅自分が行きたい科を伝える

✅管理者が男性なのか確認してもらう

この3つを伝えることで、男性ナースが多くいる科へ行くことができる確率はグッと上がります。少し細かくみていきましょう。

男性看護師が多い職場に行きたいとはっきり伝える

転職会社に登録すると、すぐに電話かメールで連絡がきます。

そこから次の病院の希望条件について聞かれるのですが・・

遠慮はいりません。

ハッキリと「男性看護師が働いている職場で一緒に働きたい」と伝えましょう。

こうすることで、転職会社側は必死になって探してくれます。これ以外にも、給料の面など待遇も追加してどんどん言っていきましょう。

最低でも2社以上登録して同時に探してもらえれば、より理想の病院に行ける確率が上がります

ここら辺の詳細は転職成功させるための注意点として、他記事でもまとめています。成功させたいのであれば必読です。

【注目】現役男性看護師が教える看護師転職サイトを使う時の注意点7つ今回の記事では、看護師転職サイトを使う時の注意点について紹介していきます。 私は、新人からの3年間大学病院の急性期で働き、転職サイ...

自分が行きたい科を伝える

先述した精神科、整形外科など男性看護師が多くいる科については理解していただけたかと思います。

その中から興味のある分野、働きたいと思った科をいくつか伝えましょう。

そうすることで、探す側からしてもある程度条件が整っている方が探しやすいのです。自分の理想の病棟で働きたいのであればこれも必要です。

せっかく男性看護師がいても、自分が行きたくない科で働くのでは仕事へのモチベーションが圧倒的に違ってきますからね

将来ずっと働きたいと思える病院に行けるためなら、希望条件はいくらでも伝えてOKです。

管理者が男性なのか確認してもらう

これはですね、男性が師長をしていると働きやすいのです

どういうことか?

男性看護師が多くなっているとは言っても、まだまだ男女比でいうと女性が圧倒的に多いんですよ。そんな時、男性管理者だといざとなった時に味方になってくれます。

そのおかけで、病棟の雰囲気も良くなり、とても働きやすいのです。悩み事があれば、面談でも相談できますし良いことばかりです。

また、男性といえば「キャリアアップ」も考えますよね。

その場合、男性の師長だと役職を付けてくれたり、キャリアアップについても相談しやすいです

これは、実体験になりますが、今自分が働いている病棟の師長が男性看護師なんですが、キャリアアップについて進学や、役職を付けるといったことに前向きに検討してもらっています。

この情報は「キャリアアップ」についてまとめた記事にも細かく書いているので、是非ご覧ください。

男性看護師の2つのキャリアアップについて深く考える。現役が徹底的に解説します。今回は、男性看護師のキャリアアップについてお話ししていきます。 男性看護師であれば誰もが考える「キャリアアップ」 看...

自分が看護師として上を目指すのであれば、ここら辺も重要なのです。

まとめ

まだまだ女性が多い職業だが、確実に男性看護師は増えてきています。

男性看護師ならではの強みを活かして働ける場所は必ずあり、精神科や整形外科、オペ室などの科が挙げられます。

力や体力、男性ならではの感性など病棟では求められており、マンパワー不足も解消できるため、職場では重宝されるのが現状。

日々、肩身が狭い世界で働いている男性の皆様。

楽しく、信頼できる上司の下で働きたくないですか

少しでもそう思ったのであれば、新しい職場を求めましょう。

男性看護師がいる環境は働きやすいです。

ABOUT ME
irohas
irohas
現役男性看護師irohas(いろはす)です。看護師1年目より月間残業70〜100時間という地獄のような日々を3年間過ごし、転職したのちに充実した毎日を手に入れることに成功した一人です。看護師の働き方や、転職方法、仕事術を発信していきます。