転職

看護師転職の全てはこの記事で解決。現役がオススメ紹介します。

今回の記事では、看護師転職についてお話ししていきます。

先ず、毎日ご多忙の中、頑張って働いている看護師の皆様、お疲れ様です。

私は看護師7年目になる現役の男性看護師です。新人からの3年間大学病院の急性期で過ごし、転職が成功して現在充実した毎日を過ごしています

看護師をやっていれば、誰もが通るであろう「辛すぎてやめたい。」と思うこと。そうは思っても、なかなか動き出せないことも事実ですよね。

ですが、せっかく死ぬ物狂いで勉強して、辛い実習を乗り越えて、やっとの思いでなれた看護師なのに「辛い」「苦しい」で終わるのは非常にもったいない。皆様は「明るい未来」を手に入れたくないですか?

転職後「同じ看護師という職業で、こんなにも違うのか。」と思う程、世界が変わります。

この記事は、転職成功した私の実体験を基に、オススメの転職方法を紹介していきます

実際に多い退職理由や、転職により起こった変化等も紹介していくので是非参考にしてください。これを見終わった後には転職したくなりますよ。

オススメの看護師転職会社

私が実際に使った転職会社の中から、オススメの2つを紹介します。この2つは特別良かったので、それぞれ紹介していきます。

方法としては、2つの会社に登録し、自分の希望に合った病院を提示してくれた方を利用し、病院を探していく方法がオススメです。あくまでも、自分優先で会社を利用しましょう。

また、病院見学の調整を必ず行うことをオススメします。日程調整は全て会社が行ってくれるので、実際に病棟の雰囲気や人数など現場の看護師さんに少しお話を聞くことで失敗することもなくなります。

転職会社を利用するにあたり、注意するべき点もあるので記事にしておきました。成功するために、しっかり見ておくことをオススメします。

【注目】現役男性看護師が教える看護師転職サイトを使う時の注意点7つ今回の記事では、看護師転職サイトを使う時の注意点について紹介していきます。 私は、新人からの3年間大学病院の急性期で働き、転職サイ...

マイナビ看護師



誰もが知っている「マイナビ」ですね。どこの転職会社も非公開求人多数と書いてありますが、実際に利用してみてここが一番非公開求人が多いです。私が実際に利用した時も、自分の希望に合った求人を一番多く紹介してくれた転職会社です。

さらには、面接内容や病院見学の日程調整も全て行ってくれるので、働きながらでも楽に転職できたのも良いポイントです。仕事が遅く終わった後でも、電話対応してくれたとても親切な会社なのでオススメできます。

給料面と、残業が少ないという2つの希望を叶えた病院に就職できたのもこちらのマイナビのおかげですね。

ナースパワー人材センター



こちらもオススメの看護師転職会社の一つ「ナースパワー人材センター」です。

当初、他の病院を探していたときに給料がたくさんもらえる病院を探しており、とりあえず次の病院に行きたいと思っていました。こちらの会社は、「応援ナース」というものがあり、半年間の期限付きで他病院に転職することができます。

どういうことかと言いますと、PRにもある通り「月収45万円」が確定している状態で病院い就職することができます。これって、すごい額ですよね?最初PR見たときに疑っていましたが、実際にその額がもらえます。残業等あれば、それに上乗せですから本当にすごい。

私の部署にもこちらの会社を通して働いている方がいますが、短期でもこれだけの給料がもらえるので、海外旅行に行ったり、自由に働けることがメリットと話されていました。すぐに高い給料が欲しい方は是非こちらで相談することをオススメします

退職したくなる理由で多いのは?

実際に退職したくなる理由で多いのは、2018年にマイナビさんが実施したアンケート結果だと、1位「仕事が忙しすぎる・業務量が多すぎる」2位「人間関係のトラブル」3位「責任の重さと給料のバランス・給料が低い」となっています。

私も正にこの通りです。実体験を基に、もう少し細かく見ていきましう。

仕事が忙しすぎる・業務量が多すぎる

1位の理由ですが、やはり多くの看護師が転職する理由の一つですね。私は3年間大学病院で働いていました。当時のことを思い出すと、嘔気するくらい忙しかったことを覚えています。

月の残業は70〜100時間で、日勤なのに準夜勤の時間に帰ることもあるくらいです。とにかく仕事量が多く、「点滴作り」「OPE出し」「重症対応」「緊急入院対応」「サマリ作成」など急性期ならではの業務が盛りだくさんで定時で帰ったことはありません。

年間の残業が1000時間を超えることもあり、疲労感が取れず、看護師という職業が嫌いになってしまいそうになったので転職をするきっかけになりました。

人間関係のトラブル

2位の理由も、1位に負けてない位多いですよね。私の同期も人間関係のトラブルでたくさん辞めていきました。最終的に、新人からの同期は自分1人になったくらいです

「確認」ということが重要な看護師の仕事ですが、その確認をするだけでも冷たい対応をする先輩看護師が多かったことを覚えています。「なんでそんなこと確認するの?」「時間の無駄なんだけど」など毎日怒られていましたね。

中には、自分のミスを後輩のせいにするなんてザラにする看護師もいました。「看護師やめたら」と同期が言われ、実際に職場に来られない同期もいたくらいです。このような思いをしている看護師も世間にはたくさんいるということですね。

こんな世界で働いていると精神的に潰されてしまうので、早急に病院を変えた方が良いです。3年耐えた過去の自分に伝えたいくらい。

「責任の重さと給料のバランス・給料が低い」

3位の理由も納得ですね。この仕事は命と直結していることが多く、一つの判断ミスで事故が起きやすい。そのため、個人にのしかかる責任の重さは他の仕事の比ではありません。

それだけに精神的にも疲弊する仕事です。それでも、それなりに給料がもらえていれば、それがモチベーションにもなるのですが、給料が低いとやる気もなくなりますよね

大学病院時代は、月に100時間残業しても残業代は3000円とかでしたね。本当にブラックでした。何のために看護師をしているのかわからない程。仕事が辛いだけでなく、給料も低いわけですから、転職するしかないですよね。

追い込まれすぎて、生活に変化が起こった

大学病院の苦しい生活を3年間耐えた結果、次第に追い込まれていき、日常生活に変化が起こります。

・疲れているのに眠れない

・食べても痩せていく

・何をしても楽しくない、生きている感じがしない

・疲労が全く取れない

・夜勤への恐怖心が強く、嘔吐する

こららの症状が現れ、自分を見失った日々を過ごすようになりました。

仕事では、全く記憶にないミスをするなど支障が出始め、患者にも迷惑をかけ「看護」が提供できなくなりつつあり、「転職」を決意しました。

これらの症状が、今見ているあなたにもあるなら要注意です。

自分が働いている病院がブラック病院かも?そう思った方へチェックリストも作って見たので、是非試してみてください。

ブラック病院で働いた経験から、男性看護師転職に役立つ【ブラック病院チェックリスト】作ってみた。今回は、ブラック病院についてお話ししていきます。 看護師で働いている人の中でも、自分の病院ブラックなのでは?と疑問に感じている方も...

急性期から慢性期への転職で世界が変わった

意を決して、転職会社に相談して、希望の条件を満たした慢性期の病院へ転職し、今の病院に辿り着くことができました

「世界」が変わりましたね。大げさではなく。これまで、自分は何をやっていたのだと思うくらいに別世界のように感じました

どのような変化があったか。

・残業時間が100時間→10時間以下

・看護師が楽しいと思えた

・給料アップ(5万円)

・プライベートが充実

・病院に行くのが辛くない

これだけの変化があり、充実した毎日を送っています。

まとめ

今回はオススメの転職会社、実体験を基にした転職後の変化など紹介しました。

辛い日々を乗り越え、転職して幸せになることができて本当に良かったと思っています。あのまま前の病院で看護師を続けていたらと思うと・・。

皆様も、今ある世界はほんの一部で、たくさんの知らない世界があります。看護師になったのであれば、明るく幸せな日々を歩んでhしいと思います。確実に、楽しい、やりがいを持って働ける場所は存在しますよ。

人生が変わる「転職」をしてみましょう。

ABOUT ME
irohas
irohas
現役男性看護師irohas(いろはす)です。看護師1年目より月間残業70〜100時間という地獄のような日々を3年間過ごし、転職したのちに充実した毎日を手に入れることに成功した一人です。看護師の働き方や、転職方法、仕事術を発信していきます。